介護保育科

介護保育科

高卒以上対象 3年制

介護保育科

学科の概要

障害のある子どもたちは、
あなたを必要としています

心身に障害のある子どもたちの療育には、保育とともに介護と福祉の知識や資格が求められます。介護保育科では、本校入学とともに学務連携校である東京福祉大学短期大学部こども学科通信教育課程に入学します。本校のカリキュラムで介護福祉士を、短大通信教育のカリキュラムで社会福祉主事と保育士の資格取得を目指し、両校の同時卒業を目標とします。児童福祉のプロになるために大変密度の濃い3年間です。

広島福祉 介護保育科の特徴

point 1 保育士、介護福祉士受験資格、社会福祉主事の3大資格

卒業時には保育士、介護福祉士受験資格、社会福祉主事の3つの資格を取得することが可能です。保育と介護、社会福祉をバランスよく学び、児童福祉のスペシャリストを育成します。就職先として、保育所、児童福祉施設、障害児入所施設、老人福祉施設など幅広い領域で活躍できる人材を育成する学科です。

point 2短大との学務連携で短期大学士の取得可能

本校入学と同時に東京福祉大学通信教育課程に入学します。本校のカリキュラムで介護福祉士受験資格を、短大のカリキュラムを本校で行うことで保育士、社会福祉主事資格や短大卒を目指します。短大卒業後、福祉系大学の3・4年次編入が可能です。

point 3長年の信頼が可能にした400を超える実習施設

“百聞は一見にしかず”。対人援助専門職を目指す者にとって、実習は最高の学びの場です。本校は400か所を超える豊富な実習施設と連携しており、目的や目標に応じて適切な実習を行うことが可能です。

学習内容

幅広い知識・技術・資格の習得に向けた万全なサポート体制。

介護福祉士受験資格取得のためのカリキュラムに加え、学務連携校である東京福祉大学短期大学部こども学科通信教育課程の授業とレポート指導を強力にサポートする内容になっています。本校の授業が短期大学のスクーリングとして扱われます。

図画工作

図工は子どもが心を伸びやかに開放し、自分を発見する瞬間です。子どもが個性を生かした表現活動ができるように、図工の実践と指導法を学びます。

幼児体育

子どもは遊びが大好きです。身体を使って遊ぶことの楽しさを伝えるための具体的な指導法を学びます。遊びによって子どもは育ちます。

こどもの保健

こどもの発達や病気の予防、保健指導などを学びます。保育士は毎日の生活のなかで、こどもの健康だけでなく、心も健全に育っていくよう見守ることが大切です。

就職について

過去の介護保育科卒業生の就職率は100%です。取得できる資格が多様なので、就職先も児童・保育施設、老人福祉施設や在宅福祉サービスなど豊富です。自分の生きがいにピッタリの就職先を見つけて下さい。

資格について

取得できる資格について

「保育士」、「介護福祉士受験資格」、「社会福祉主事」の
3つの資格取得に加え、東京福祉大学短期大学部卒業を目指します。

介護福祉士受験資格、保育士、社会福祉主事の3資格の取得を目指します。3資格取得のための学習はハードですが、充実した3年間となります。また、そのほかに現場で役立つ8の資格取得も可能です。

卒業時取得資格

  • 介護福祉士受験資格
  • 保育士
  • 社会福祉主事
  • 専門士(教育・社会福祉)
  • 短期大学士(こども学)
  • レクリエーション・インストラクター
  • キャンプインストラクター

選択によって取得可能な資格

  • 福祉用具専門相談員
  • アロマセラピー1・2級
  • 福祉住環境コーディネーター
  • パソコン検定

保育士とは

保育所など児童福祉施設での学びと遊びや、障害児入所施設での生活援助を通して、子どもたちがやさしく、つよく育つお手伝いをする国家資格です。共働きの世帯が増えたことにより、国は子育て支援の充実に力を入れています。そのため保育士への需要は近年急速に増しています。保育士は介護福祉士と並んで社会的ニーズの高い資格といえます。

カリキュラム

時間割表・実習日程

介護保育科 1年次前期 時間割

授業
時間
1限目
9:30

11:00
介護の基本Ⅰ 発達と老化の理解 文章表現 人間関係とコミュニケーション 健康・スポーツ
2限目
11:10

12:40
人間の尊厳と自立 生活支援技術Ⅰ こころとからだのしくみⅡ 保育原理 健康・スポーツ
3限目
13:30

15:00
情報処理演習 介護総合演習 音楽基礎Ⅰ アメリカ文化と言語 生活支援技術Ⅱ
4限目
15:10

16:40
社会の理解 介護の基本Ⅰ レクリエーション理論 こころとからだのしくみⅠ

実習の日程

学年 実習名 日数(例)
1年次 介護実習Ⅰ 6日
2年次 介護実習Ⅱ 12日
介護実習Ⅲ 18日
保育実習Ⅰ 12日
3年次 介護実習Ⅳ 24日
保育実習Ⅰ 12日
保育実習ⅡorⅢ 12日

履修科目

人間の尊厳と自立 / 人間関係とコミュニケーション/ 社会の理解/法学/教育原理/児童家庭福祉/情報機器の操作Ⅰ/介護の基本Ⅰ/介護の基本Ⅱ/コミュニケーション技術/生活支援技術Ⅰ〜Ⅲ/介護過程Ⅰ〜Ⅲ/介護総合演習Ⅰ・Ⅱ/介護実習Ⅰ〜Ⅳ/発達と老化の理解/認知症の理解/障害の理解/こころとからだのしくみⅠ・Ⅱ/医療的ケアⅠ・Ⅱ/文章表現/健康科学/健康・スポーツ/人権教育(子どもの人権を含む)/アメリカの文化と言語Ⅰ/保育原理/社会福祉/保育士・教師論/発達心理学Ⅰ・Ⅱ/教育心理学/レクリエーション理論/レクリエーション・ワーク(実技・演習)/障害児保育/こどもの食と栄養/こどもの保健Ⅰa・Ⅰb/こどもの保健Ⅱ/音楽基礎Ⅰ・Ⅱ/こどもの音楽Ⅰ・Ⅱ/保育内容総論/保育内容(健康)・(人間関係)・(環境)/図画工作Ⅰ/幼児体育/乳児保育Ⅰ・Ⅱ/保育内容(表現)・(ことば)/図画工作Ⅱ/社会的養護/社会的養護内容/カリキュラム論/保育表現技術演習/相談援助演習/家庭支援論/保育相談支援演習/専門演習Ⅰ・Ⅱ/保育実習事前指導Ⅰ〜Ⅲ/保育実習事後指導Ⅰ〜Ⅲ/保育・教職実践演習/保育実習Ⅰ〜Ⅲ/救急法/キャンプ指導法/就職指導/卒業研究/歌唱百曲演習/保育観察実習指導